オスグッドを放置するとどうなる?|通院の必要性と注意点を神戸市の接骨院が解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サッカーやバスケットボールなどのスポーツを真剣に頑張っているお子さんが

「膝が痛い」「膝を曲げた瞬間鋭い痛みがある」

と訴えてきたことはありませんか?もしかするとオスグッドを発症しているのかもしれません。

あまり聞きなれない病名ですが、成長期の特にスポーツをしているお子さんに多く発症する疾患でスポーツ障害のひとつです。

医療機関を受診すると「成長痛だからそのうち治ります」と言われることも少なくないのですが、実はオスグッドは骨の成長だけが原因ではありません。

本ページでは、オスグッドを放置してしまうとどうなるか、通院の必要性と注意点を神戸市東灘区の住吉鍼灸院・接骨院がお伝えしていきます。

ぜひ最後までご覧ください。

 

オスグッドとは?

オスグッドとは正式名を「オスグッド・シュラッター病」といい、アメリカの整形外科医オスグッド氏とスイスの外科医シュラッター氏が、この症例を学会に報告したことから名づけられました。

小学校高学年から中学生くらいの成長期にあたる子どもに頻発するスポーツ障害です。とくに、サッカーやバスケットボール、バレーボールなど膝への負担の大きいスポーツの種目で多くみられます。

膝の皿の下には脛骨(けいこつ)と呼ばれる太い骨があります。その近くに脛骨粗面と言う隆起した骨があり、この部分が少しずつ突出し痛みを発症させる状態を指します。

オスグッドと成長痛は同じだと思い違いをしている人も多いですが、オスグッドは筋肉が骨を引っ張ることで痛み、成長痛は骨が筋肉を引っ張ることで出る痛み。このようにオスグッドと成長痛は根本的に異なるものであるという認識が必要です。

 

オスグッドを放置するとどうなる?

痛みを我慢しながら運動を続けていると、長期の運動休止や最悪の場合外科的な手術が必要となってしまいます。

さらには痛みが治ったとしても成人後に再び痛みが出る「オスグッド病後遺症」を発症して手術が必要となる場合も。

手術では、骨小骨を摘出し脛骨粗面部の骨が突き出ている部分を切除して平らにするという方法がとられます。

 

オスグッドかな?と感じたときにとるべき行動とは?

スポーツ少年・少女にとって長期的な運動制限は、身体能力の低下外にもモチベーション低下など精神的な影響を及ぼす場合もあります。

しかしオスグッド病の基本治療は、「患部を休める」です。

患部以外はトレーニングを続けることも可能。症状が初期段階であれば、部活動における「練習量を減らす」もしくは「安静にする」ことで症状は緩和されます。

 

安静&休息

成長期は急激に骨が伸びたり、筋肉が大きくなったりします。必要な栄養を届けるためにも好き嫌いをしないで、まんべんなく栄養を取ることが大切になってきます。タンパク質や鉄分もしっかりとりましょう。

オーバーユースになっていると疲労が溜まり、筋肉の柔軟性も低下してしまいます。定期的にオフの日を作り、適度に体を休ませるようにします。

 

アイシング

患部を氷水(氷のう袋に氷と少しの水をいれたもの)や水などで冷やします。体温を下げることで、患部の毛細血管が収縮し腫れや内出血、痛みを抑えることが期待できます。

アイシングの方法は氷水で患部を15~20分ほど冷やします。このときに体が冷えないように冬場であれば温かい部屋で実施するなどの対策を取るようにしましょう。

時間があるときは実施回数を1日2~3回にすると効果が出やすくなります。

 

医療機関の受診

病院ではまず、骨や軟骨に異常がないかどうかレントゲンを撮って確認します。骨に異常がない場合、痛みを和らげるために、電気やレーザーをあてる治療を用いることもあります。理学療法士のリハビリを受けけがをしにくい体を作るためにトレーニングも行います。

 

オスグッドで整骨院へ通院することはできる?

オスグッドで整骨院へ通院することはできます。

むしろ早期の改善のためには、積極的に整骨院へ通院したほうがよいでしょう。

 

オスグッドで整骨院へ通院するさいの注意点

オスグッドで整骨院へ通院するさいは、以下の点にご注意ください。

 

整骨院によって施術方法&方針が違う

国家資格を持った整骨院であっても、すべての施設が同じ技量や技法で施術を行っているわけではありません。

むしろ整骨院が10院あるとすれば、その10院の整骨院が全く違う方針や技術で施術を行っていると認識していただいた方がよいでしょう。

もちろん当然のことながら施術者の良し悪しもありますが、多くの方が「近い」という理由だけで整骨院を決めているのが現状です

通院のことを考えると少しでも近い整骨院を望む気持ちは十分理解できます。しかしその整骨院が果たして腕の良い整骨院である保証はありません。

お子さんのオスグッドを確実に改善させるためには、行動範囲を少し広げて、色々な整骨院をリサーチすることをおすすめします。

 

整体院ではなく整骨院を選ぶ

整骨院の柔道整復師は解剖学・生理学や外科学など数多くの専門科目を履修し、国家試験を受験し厚生労働大臣免許を取得しています。

国家資格を持った施術者がスポーツによる怪我や骨を熟知し、質の高い手技によりオスグッドを改善へと導きます。

整体院は無資格でも開業できるため、オスグッドについて精通していない可能性もあり技術において大きなバラつきがみられる場合がため注意が必要です。

 

早めに通院を開始する

オスグッドは初期の段階で発見し治療を開始することが、結果として早期復帰につながります。

先に述べたとおり痛みを我慢して放っておくと重症化し、手術適応となる可能性も否定はできません。

膝のお皿の下の骨に痛みや腫れを感じたら、少しでも早めの受診をおすすめします。

 

オスグッドでお悩みの方は神戸市東灘区住吉鍼灸院・接骨院へ

オスグッドでお悩みの方は神戸市東灘区の住吉鍼灸院・接骨院へお越しください。

住吉鍼灸院・接骨院では以下の特長で、これまで多くのオスグッドでお悩みの方からご支持いただいております。

 

全身に目を向けた調整施術

痛みのある場所へ施術を行うことはもちろん大切です。

しかし、それだけでは根本的な改善にはつながりません。

住吉鍼灸院・接骨院では、痛みの原因をあらゆる観点から探って特定していきます。

たとえば、オスグッド病においてもオーバーユース&スポーツだけが原因とはかぎりません。

日常生活の姿勢や体の使い方。休息を含めた生活リズムなどの原因が潜んでいる場合もあります。

それらをすべて含めて全身をくまなく観察してアプローチできることが住吉鍼灸院・接骨院の特長です。

 

丁寧&徹底したアドバイス

住吉鍼灸院・接骨院では症状改善のためのアドバイスを徹底して行わせていただきます。

オスグッド病などを含むさまざまな不調を改善するためには、自身が何を気を付ければよいかを知る必要があります。

しかし、実際に何を気を付ければよいのか?何をすればよいのかを知っている人はほとんどいません。

住吉鍼灸院・接骨院では、そんな人に向けて日常生活で気を付ける点やおすすめのストレッチなどを丁寧にアドバイスさせていただいております。

もちろんわかならいことは何でも質問してください。お分かりいただけるまで丁寧にご説明いたします。

 

まずはお気軽にご相談ください

もし悩まれている方は、一度、ご相談ください。

相談は無料で行っております。

電話で予約する場合

友だち追加

電話で予約する場合

078-855-6615

 

このブログを書いた人

ROLQ 整骨院グループ 代表 関野圭介
ROLQ 整骨院グループ 代表 関野圭介
運営店舗:三ノ宮鍼灸整骨院/住吉鍼灸院・接骨院/小顔ハイフ痩身専門サロン
症状の基本的な原因は患者様が一人一人持っていて、その一つ一つを患者様と共に見つけていく。 そして、最適な施術を提供し、改善した時の喜んで頂いている時の患者様の笑顔。患者様から頂く「ありがとう」の一言。 それを求めて日々頑張っています。整形外科や歯科医師とも連携し、患者さんに適切な治療ができるようにこれからも頑張ります。